単なる心理テストじゃない?風景構成法の方法と解釈

風景構成法 おたすけ心理学

ちょっと待って!風景構成法をやる前に注意するべきこと

風景構成法とは

風景構成法とは、絵画療法のひとつであると同時に、描画投影法としての性質を持っています。

絵画療法:芸術療法の一つ。描く行為によるカタルシス効果、表現による自己洞察効果などが期待される。

描画投影法:描かれた絵を分析・解釈することで、被験者の性格的特徴を把握しようとする方法。

つまり、描かれた絵を解釈することで、あなたの性格や現在の心の状況や感情などを探ることができます。

(補足:風景構成法は元々、統合失調症者とのコミュニケーション補助ツールとして中井久夫により考案されました。)

絵の解釈には注意が必要!

絵の解釈の方法は様々ありますが、避けるべきなのは、
「絵をマニュアル通りに(又は偏った見方で)一方的に解釈し、被験者の性格を決め付ける」行為です。
最初に述べた通り、風景構成法は絵画療法であり描画投影法でもあります。
 
単なる心理テストのように、診断としてのみ行うのではなく、
 
セラピストがクライエントを理解することで、その後の介入のきっかけとして利用したり、
絵を介した対話を行うことで、クライエント自身の自己洞察や気づきを深めることができます。
 

そのため、絵を分析して「あなたはこうゆう人ですよ」と決め付け、描き手に一方的に伝えるようなことはしません。

描かれた絵をもとに対話をしたり、セラピストが分析上で気になった点についてクライエントに質問を投げかけたりすることで、クライエントの自己洞察を深めカタルシス効果を促進します。

★あなたが風景構成法を行いたい場合は、この点をしっかりと把握している、倫理観のあるセラピストと一緒に行ってください。
 
風景構成法は上手に行えば、
自分のことがとても良く理解できますし、その一連のプロセスは非常に楽しめるものです。
 
また、自分自身への理解や洞察が深まったあとには、自然と、自分にもっと優しくなることができます。
 
 
それでは、風景構成法の方法と解釈について説明いたします。

風景構成法の手順

用意するもの:A4用紙/サインペン/クレヨン
▼風景構成法の手順はこの動画で確認できます。
心理テスト!~性格と心の中がわかる風景構成法

1.セラピストが、クライエントの目の前で、用紙にペンで枠をかき、それをクライエントに手渡します。

2.教示「今から私が言うものを、ひとつひとつ唱えたそばからこの枠の中にかきこんで、全体として一つの風景になるようにしてください。」

3.[川→山→田→道→家→木→人→花→動物→石→絵を完成させるにあたって足りないと思うもの(無ければ描かなくてもよい)] の順番で描画します。

4.クレヨンで色を塗ります。

風景構成法を解釈してみよう

●まずは風景全体が、どのように構成されているかに注目します。
近景かな、遠景かな、視点は定まっているかな、ETC…

●必要な質問をして絵の状況を確認します。
季節はいつ?/時間帯は?/人物はなにをしている?…

●タッチ、筆圧、配色バランスに注目。
丁寧にしつこく描かれているところは?/色が塗られていないところは?/ひときわ目立つところはある?…

空間構成~各空間ごとの解釈

どこにモチーフがたくさんあるか、またそれはどんなモチーフか?
各空間ごとにモチーフの偏りを見て解釈することができます。

心理テスト

■空間を上下で分ける
(例)上にモチーフが多い:頭で考えてばかり、精神的なことへ興味がある
(例)下にモチーフが多い:身体をつかった行動はたくさんしているが、夢や希望を持てないでいる可能性

心理テスト

■空間を左右で分ける
(例)右にモチーフが多い:行動的、未来的、結果を出すために頑張る(右に行くほど父親的領域)
(例)左にモチーフが多い:内向的、過去への想い、精神性を重視(左に行くほど母親的領域)

心理テスト

■4つに分ける
・各領域にどんなモチーフがあるか、またはモチーフが多いor少ないか
・右上にいくほど未来の領域
・左下にいくほど過去の領域

モチーフごとの解釈

各モチーフごとに象徴されるイメージがあります。以下の記載はほんの1例です。

川=感情、生命力
(例)細い川:感情をコントロールしようとする/太い川:感情のままになりがち

山=要求水準、目標、視野
(例)高く険しい山:要求水準が高い、プライドや理想/丸い山:おだやか、育み育てる

田=労働、仕事
(例)区切りがない:さいげんなく働いてしまう/水のある田:職場、労働上の悩み

道=人生の道
(例)道が多い:考えがまとまっていない/道に石:人生に障害を感じる

家=内面と外面(主に内的心象)
(例)内的心象風景/集落:社会適応の問題

木=エネルギー、状況
(例)林:自分の内界を隠す

人=自分、人間関係
(例)実年齢より若い:未熟、過去の問題、実際に子供がいる場合/老人:精神年齢が高い、諦め・疲れ

花=愛情、優しさ

動物=自分の中にあるものの象徴
(例)猫:甘え、受身/犬:忠実、攻撃性

石=障害
どこにどんなふうに石が描かれているか

まとめ

風景構成法は、このように、様々な角度から複合的に絵を解釈することで、
描き手のパーソナリティーや現在の心の状況などが推測できます。

ただし、絵を見ることのみで、
一方的に分析・推測をすることに注力するのではなく、

絵を描きながらクライエントが感じた内的な体験
(「ここには色を塗りたくなかった」「どうしても家を大きく描きたかった」「川に色をつけてたらもっと木が欲しくなった」など)
に目を向け、様々な対話を行うことが、とても大切です。

それにより、クライエントは自己理解と自己受容を深め、変容のきっかけをつかむことができます。


風景構成法は然るべきセラピストと一緒に上手に行えば、とても楽しめるワークです。
楽しく絵を描きながら、自分のことがとても良く理解でき、自然と自分にもっと優しくなることができます。

アートセラピールームPOFでは、風景構成法を用いたアートセラピーを体験できます。
興味のある方はご予約くださいませ。

コメント

  1. […] ★LINEのチャット機能を使用して、[風景構成法]を使ったアートセラピーを1セッション行います。→風景構成法について詳しくはこちら […]

タイトルとURLをコピーしました