アートセラピスト養成講座
実践に強いアートセラピスト養成講座


アートセラピー

日常のモヤモヤ,人間関係の問題,不安, etc.-
生きづらさの正体は自己肯定感の
低さかもしれません。

多くの人が〝頭で考える自分像〟と〝あるがままの自分像〟とにズレを持っています
アートセラピールームPOFでは、絵に投影される〝自分でも気づいていない心のサイン〟を理解、受容していくことで、自己肯定感を高めるよう働きかけます。自己肯定感の高まりは、あなたを魅力的にするだけでなく人生を生き抜く力になります。それは自分も他者も大切にするスキルでもあります。より豊かで自由な在り方を、アートを通して一緒に見つけていきましょう!
アートセラピールームPOF
清水 菜穂子

アートセラピーメニューを3種類ご用意しております。目的とご都合に合わせてお選びください。

 

 

東京アートセラピー

→個別のお悩み、困りごとへ対応するアートセラピー:お客様それぞれの状況に特化して、適切なアートセラピーを行います。 →詳しく見る

 

 

大人の絵画教室

→手ぶらで通える絵画教室:様々な画材を使って「自由な自己表現」をテーマに絵画制作を行うラフなアートセラピーです。→詳しく見る

 

 

少人数制アートセラピー

「自分を知るための90分」:少人数制で行うオンラインセッションです。自宅にある道具でアートワークを行い、人生をもっと生きやすくするために自己理解を深めます→詳しく見る

 

「絵を描くことがどうしてセラピーになるの?」
アートセラピーの効果を大きく3つに分けて説明します。

1.本来の自分を知る

自分が思うあなたと、本当のあなたは一致していますか? 自己感のズレは心の不調をもたらします。

アートセラピー

絵には、描き手の無意識が投影されます。
あなたという人間の全体像、魅力、問題の根本など、絵に現れるサインを読み解くこと。またその過程で生じる気づきに目を向けることで、自己理解が深まります。

自分を知ると…
他者からの理解を得やすくなる幸せな選択ができるようになる自分を好きになる
 

2.自己肯定感が高まる

完璧でなくて当たり前。自己肯定感の高さとは、「どんな自分」も認めて受け入れられることです。

自己肯定感

絵を介したアートセラピストとの対話を通して、あるがままの自分を認めていきます。
自由な自己表現を他者と共有することは、自己肯定感が高まるだけでなく、コミュニケーション能力を深めます。

自己肯定感が高まると…
人間関係のストレスが減る自分軸で決断が出来る持っている力を発揮できる
 

3.身体と脳の機能を回復し、ストレスを緩和する

混乱しているとき、まずは心のわだかまりを吐き出しストレス状態を緩和することが1番大切。

絵を描くことで、特に脳の前頭葉が刺激されドーパミンが放出され、カタルシス効果により自己治癒力が高まります。
また適度な集中が、身体や脳の機能を回復させ、充実感・達成感による情緒の安定が期待できます。

心身の機能が回復すると…
不眠や消化器不良などが改善し体がスッキリする余裕ができる気分の安定
絵画療法を行う前後に、唾液中に含まれるストレスホルモンといわれるコルチゾールの濃度を測定した結果「絵画療法後、多くの被験者のコルチゾール濃度が減少した」という結果があります。
(参考文献「絵画療法とその効果の唾液コルチゾールによる評価」)
アートセラピー体験

アートセラピーの効果を手軽に体験してみたいなら、ご新規様限定の[LINEで風景構成法]をご利用ください。→詳細はこちら

LINE

SNSやっています

「見るだけで自己肯定感が高まる」インスタ!
アートセラピーや心理学の知識を漫画で楽しくお伝えします。是非チェックしてください。

instagram 「漫画でわかるアートセラピー」
instagram「セラピールームの様子」

タイトルとURLをコピーしました