アートセラピーとは

都内の絵画教室

アートセラピーってなに?

造形活動を通して、自身の内界を視覚的に表現することで、心身の回復を目指す心理療法です。

作品には、意図せずとも描き手の無意識や、感情、人生が投影されます。

絵を通して自己理解を深め、 そのままを受け止めていくことで、
自分の良い部分はもちろん、そうでもない部分にも素直にOKがだせるようになります。
それが、自己肯定感を高めることに繋がります。

また造形活動を通した内的過程に目を向けることで気づきが得られ、自己の変容へと結びつきます。

どんな効果があるの?

  • 言葉で表わせない自分の内面を、イメージで表現することで、葛藤が解放される。(カタルシス効果)
  • 自分の無意識を、イメージから読み解くことで、問題解決の手がかりが得られる。
  • 創作活動がリハビリテーション的効果を発揮し、機能不全を起こしていた心身の機能が回復する。
  • 自己理解と自己受容を促すことで、自己肯定感を高める。

アートセラピールームPOFの考え方

アートセラピー

アートセラピールームPOFでは、絵の解釈については、ユングの分析心理学をもとにしております。
しかし、解釈は、お客様のパーソナリティーを決め付けるものではなく、あくまで絵を介した対話の中で、お客様自身が気づきを得たり、洞察を深めるためのきっかけとするものです。

また、お客様との関わりにおいては、お客様自身の力で気づきを得、自ら変化していけるよう
アートセラピストが手助けをいたします。

絵を描く行為を通して、今ここの自分に正直になること。また作品から本当の自分の魅力を見つけ、感じ、周囲と共有することで、あなたの人生は生き生きと輝き始めます。
アートセラピーが、人生をより楽しむための手引きになればと考えております 。

タイトルとURLをコピーしました